ベルトコンベアーでコスト削減│作業効率UP大作戦

工場

見積もりで決める

作業員

ベルトコンベアーを導入するときには、できるだけ複数社に見積もりをとって比較しながら決めることが大切です。加えて、見積書に細かく料金詳細が記載されているかどうかはチェックしておくのが良いでしょう。

詳細を確認する...

コストを抑える

機械の中でも広く利用される

作業員

作業現場では多くの機械を用いながらあらゆる製品の仕分けや運搬などを行ないます。製品の種類によって利用する機械も違い、作業場所が室内、室外のどちらかによっても機械の種類は変わってきます。あらゆる作業現場で活躍する機械の中でもかなり幅広く利用されているのがベルトコンベアーです。この機械の場合、製造業のメーカーなどが多く利用しており、仕分けや運搬をベルトコンベアーで機械化することによって、人件費の削減にも繋げることができるでしょう。特に運ぶ作業においてベルトコンベアーは必須の機械となっており、その種類や機能も年々増えてきています。基本的に運ぶ作業をメインとして行なう機械ですが、中には仕分け機能もついているタイプもあるので、さらなるコスト削減をはかりたい企業は機能性が高いタイプに変えるのも良いでしょう。

製造業は使っておく

ベルトコンベアーに限らず、製造業において必要不可欠な機械は毎日稼働して使用することが多い為、劣化も早いと言われています。特に機械技術が進化している現代では毎年のように新たな機能を備えた機械が誕生しています。少し劣化してきたと感じ始めた時には、機械の買い替えを検討するのが良いでしょう。機械といっても日常の買い物のように手軽な価格で購入できるものではないので、コストや予算を考えながら検討することが大切です。最近では、機械を販売する会社でもレンタルで貸出をしているところが増えてきています。レンタルを利用することによって機械導入コストを抑えることが出来る他、減価償却にかける期間などを気にする必要もないので、企業のコスト削減にも役立てることができるでしょう。

現場を考えて選ぶ

工場

製造業において必要不可欠と言われているベルトコンベアーなどの大型機械ですが、かなり高額となるので、導入するときにはサポート面やローンの有無も確認しておくのが良いでしょう。

詳細を確認する...

適している機械を選ぶ

工場

ベルトコンベアーといっても様々な種類があり、機械の材質や機能も違ってきます。特に人件費を削減したいというのであれば、選別機能もついたベルトコンベアーを選ぶのが良いでしょう。

詳細を確認する...


Close